忍者ブログ

過去に戻って

過去に戻れない

柳笛で育ち

私の子供のころには町の中で過ごして、町にはどんな娯楽施設、唯一の1基の従業員のクラブ、会議の回数により映画の時間が多いが、どこで映画はとても贅沢な娯楽映画の後、子供たちはいつも話して多くの日。物質の貧乏していて、子供たちは遊んで瀋めの天性で、自分の手で自分の楽しみは、その時代に多くの人の幼い記憶。私の記憶の中で最大の玩具は、自作の柳笛ました。
初めて制作柳笛は、小学2年目の春。当杏開放、柳を緑の時、キャンパスの中に響いた第一声唸り柳笛の音。これは一つ音節、長さの笛の音は、キャンパスの初迎春序曲、それだけでなく、静寂を起こし、一冬の大地から子供たちの起伏情欲、制作柳笛の時間になった。一時間のキャンパスの中に柳の下を、多くいくらかの大小の子供に登って柳柳の枝を折って、慌ただしい教室に走って戻って、柳笛制作、超えてない半日キャンパスが笛4から、春の声の演奏会は小さなキャンパス本番。
折り返し柳条、他人柳笛作り始めてみた。先にナイフを柳条千切る、そして散々捩れる柳条、それは樹皮に細長い木切れと分離、用の力があまりに小さい樹皮微動だにしないで、力をあまりが向いて破れ樹皮、何度も才能1段の完全な樹皮抽出。後にナイフで樹皮端で古い皮を数センチ、これは細心の工程が我慢できないもどかしさ、柳は皮がもろくて弱くて、少し力を入れたらこの一節を切って壊れて、まだの更生香港台北機票。削ったあと試験に吹いて、削る淺すぎないなりやすく、削りのあまりに深い吹いたら壊れた、見たのは簡単な柳笛できたい、本当に容易ではありません。一度ではだめだと、二度、自分が満足するまで。更に良い柳笛もしか一日遊ぶ入れ樹皮、夜はしおれた、もううまく吹けないのでこんなゲームをしなければならない現現遊んで、幸いにその時代は勉強の圧力に大情報の時間まで、飽きて止。こんなゲームのすべての男の子、女の子たちはこれに対しては一顧だにしない、ゴムひもとび、羽根けりは彼女たちの強み。これに対し好きには身をやつす男の子たちは、出来上がりの柳笛はキャンパスで吹いても家で遊んで、夏まで柳抜け替わる葉、できなく柳笛、という声が校庭からだんだん消えてなくなるまで、翌年の春、この鳥の声が響くキャンパスで再び唸り。柳笛叫びに歩いたことがあって、私に伴って幸せな子供時代の。いくら時は過去半世紀に、鳥の柳笛、記憶の中では相変わらずはっきり明るいしていて、時間の流れを脳裏の中から消え、を見るたびに柳の時、まず思い付いたのは私の柳笛、私の子供のころ。
今の子供たちが幸せなする必要がなく、自分の手で、電動おもちゃから電子ゲームに選ぶ。子供のいる家庭、最も多いのは家庭用品ではなくて、各種のおもちゃです。おもちゃはたくさんだが、子供たちは遊ぶ時間が少なくなってきた。学大阪溫泉校の子供はともかく、呀呀学语の幼児が一人も助からなかった、お母さんを抱いて乳首をくわえている赤ちゃんに早く教えたり、何かニュースは、子どもに負けないスタートラインでは、ほぼこれすべて親のコンセンサス。幼稚園から、小、中学校、大学まで、あの子は全力で頑張って、どちら手足が棒になる親は、世界の有名大学に入れることができるすべての子供の心が、盛はこんなにたくさんの人に。最近、私は1篇の招待状を見て「地べたに座って拍手を受け啓発の人』に、作者は刘继荣。彼は母の身分を描いた娘の学習の成長の過程で、主人公は親の心に変化の過程、一節をかなりよく話す:健康であれば、もし幸せにならない、自分Natur-a豆奶の気持ちを、私たちの子供じゃんひとつして善良の普通の人、英雄結局少数で、私達はどうしてでき楽しい拍手人、言語は素樸だが、しかし道理がある。
PR

コメント

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

P R