忍者ブログ

過去に戻って

過去に戻れない

孤独が好きで遠く

孤独が好きで遠く、情熱の近くには好きではありません。好き安らかなるで独守の片隅で、懐の栽培を静かに黙って、そっと開成の香りかすか。
舞い浮生、一抹の明媚な光の中で、悲しみが知る必要はない私は迷いは私を理解する必要がなく、憂うつする必要がなく、私を解読日々時痩せ筆殘章。一つの雲の上に、私は1つの豊満の彷徨う彷徨うことを書きました。
紅塵世の中、時に、言葉はなくして、遠く及ばない。縁の距離、もろくて弱くてぼんやりしている。ただ、長い霧雨を、光陰の紙の上で、私は依然としてあなたのために書く:もしあなたは静かに、私は晴れ。
余裕は1つの府中に淡々として、1つの静かなほつれの蓮のようです。もし、私は悲しみに書いて紙の楽しみ、静寂の中で一曲歌う吟。もし、私は躊躇に描き尽くし決裂、振り返る道、もう惜しむ悲しい人、もう読み。1懐の柔らかな模写の色の色つや。
道は遠くて、私は心はすでに老いている。花の心の中には、霧雨煙雨も来ている。遥窓の外を見て日靑、振り返ってみると、過去の過ぎ去ったことはもし雲煙。
静かな水の流れを守るように、しっかりと。見て日々が正常で、自自分が風にゆらぐ煙は普通で、少しはすべて生活の真実。山の水の行方、弱々しい潜隐たひそかにの記憶は、光陰流れに薄れ、遠く。
一人で行は寂寥寂寥の奥深い路地、抱きしめ彷徨って、私は悲しい。紅塵の世纷纷扰扰、唯の両方の暖かいねちらちら。遊弋は夜の光の中、あなたのため、時には淺し、時に微寒。久しぶりの脈絡を聞く時、再びあの雨の降る、久遠の心音私の身の回りで旋回一如古い仏教のオムマニペメフム。雨雪漫漫に歩いたことがあって、すぐ私は平然としているの冷香を迎え、天涯万丈遠くて、紅塵万丈が深い……人は世の中で、だんだん分かって、どれだけの愛、どのくらい痛みます;いくつある苦しみ、どのくらい甘いことがある。
一つのこと、1部の余裕があって、1部の優雅で、1部の清宁。ただ、経風暦雨上がり心が生まれるの慈悲と穏やか。万千として、それを風にしましょう。時の眸は1を書くことを書きます:心は桃の花源、世の中は至る所は春です。失って行く世界、1人のパルス。一方浄土を飼って、1つの蓮蕊。俗塵には昔を唱えない。風が綿綿、日の暖かさ、1枚の春の春光がだんだん満開に満開です。私はこずえに氾の柔らかな間に1封の長いラブレターを書き、時には静かにして、現世のエンロン。
一スケジュールは、出会いと別れを書きました。ヨーヨーの歳月の中で、1路の軽い歌ゴーマン吟。ただかすかに痛みは心の底の痛みに落ちた。起因の縁が消える縁終わり、花開花落帰塵。たとえ、私は、磐石の心を、風塵の心を慰める。多くのイメージも入り乱れての枝葉で成長して、あれらの悲しみは優しさの念から……無言の紅塵小刻み言わない気にかかる長い。アテネ複アテネ、「言葉」「睦言煮」。私は世の中の憂うつ客で、少し暇になる。
時、時、最も米の恋人でしょう!私たちは惜しみなくても惜しまない、マイナスとマイナスに、ある道は、最も深い情を最も深い姿で付き添う。
譜一曲平平凡々で、無視またはを安;あるいは、本1筆の繁華三千、風景は無限。光陰のルートは、依然として春の花の秋月、夏の雨雪。
守の窓清宁、光陰だけ;品1杯のこと、光陰に歌に軽く漫吟。一生のすばらしい、光陰に渡す。
日々、心は水のようです、もう縺れ過去ではなく、眺める目を凝らす。来るべきことは遅かれ早かれ、この歩く無駄に引き留めて。私はただ出会いの最初の美しいことを覚えて、いずれもの思いは落ちて花が咲くことを思いました。光陰の脈絡のうえ、私は日光の暖かい春を、あなたのために書く世長安。
少しの暇があって、急には、少しは、私は幻と俗世の間に遊離する。暖かい時に寒の境地は入り乱れて無秩序。
情あれども流水意なし、落花心有り。心と心との距離が離れている冷暖人間の憂憂大体この。強迫、倒れても一粒の思いを守り抜く、怨むなしに、悔いなし。私はまた一年春が早く来るの息の中にには、真冬の涼しさを感じる。吹かない柳の風は遠く彷徨う。昨日のあの小雪懐春色遅くので、庭の木を着作飛。
蕭条憂うつは心の底に組み入れれて。花火の人間、いつもとは柔らかな柔らかな錯乱が織りなす。光陰の素紙には、総かくまった多くの考え事、振り返って見るとの間に目を凝らす。
よく、字は私はやせて暖をとり、久々の執念、騒がしい落満のつかの間、引っ張って絆もなっていて、言い表せない感情が心の間。曲がり角のところは、字を渡し、暗い寂に一輪の疏影暗香優雅而立。
出会いも別れ、覚えあるいは忘れ。紅塵の中、たくさんの物語はそれで、長い時間、次の巡回に向かって。じゃ、あなたと私は、これではないでしょう。もしも、私はあなたに春をもたらしたことはありません。私は自由として自由でしょう。あなたは私を見る瞳が落ち着いて読めない水のように、あなたは私の心波瀾万丈;あなたは私を見て柔弱人付き合いが良くて、あなたは読めない私盤石。そうする必要なく、守りあうに繋いで1度の瓢箪の川流れ。そっと離して、私は静かに待っています。
PR

コメント

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

P R