忍者ブログ

過去に戻って

過去に戻れない

あなたは降臨したあの日

まだはっきりと覚えている、あなたは降臨したあの日、私は1部の期待を持って、1部の瀋黙の喜びを静かに横たわって手術台の上に、手術室で放映している人に心の静の軽音楽、私はそんなに静かな手術台の上で横になっていて、美しい牛熊證教學甘い軽音楽、麻酔剤耐性ゆっくりしばし痛みの感覚を失って、医者は隣にはあなたの到来もひっきりなしに忙しい。およそ半時間は少し多くて、私はあなたを聞いてふらふら然に声は鳥で泣いて、純粋な、改めて天籟のような音がして、私はやっと知っていて、手術はもう終わった。

強力な麻酔薬の性質、しばし感じがしない道長い傷口がもたらした激しい痛み。Τ手術が終わったばかりの私しか、寝転んで冷たい手術台の上、お医者さんしかない君を抱きしめは手術室にメの足音。心の中で何度もあった幻想したあなたの姿は、今日は、君と本当の出会い、私が持っている1部の喜びも、1部の不安を持って、自分の目で見て待っているあなたの姿は、きっと可愛い極まりない

手術台から移され病室のベッドの上に、私はそのままうとうとするにベッドに横になって、麻酔薬の性質からゆっくり脱いで、私はベッドに透明質酸 打針横になっていない感覚の髪に震え、寒く、特に寒い。全体の人はすべてくらくら、と言いたい一字力もない、私はただその僅かな感覚としっかりしていて、身の回りの人と事を感じて。

等身大で麻酔薬の性質がなくなって、その後の痛みは、どんな言葉で形容できない、ただ1種の感じはない、あの時の私のように一度、死を改めて生きてきたように、痛みは無言のほかは、寝ているだけで横たわって、まるで、やるたった一つのことは、ちゃんと横になって、何も考えずにも何も言えない、呼吸さえもそんなに弱弱しく。

私はゆっくり口を開くには、最初の言葉は君を抱いて、私は見てみて、簡単に7個の字、短い言葉、私はしどろもどろのは久しぶりに言って、完全な言葉のボリュームは、低聴いたあの人は私の口に耳を近づけて、そして認何とかの瘦小腿聞いて、聞いて二三度でやっとわかる何か言った話。私があなたを見た時、私は笑って、喜ぶのは笑って、私は何度もその幻想した姿は、今、ここに、そのまま完璧に貼っている私の側に、上の小顔、尖ったあご、細長い指児、二匹目かすかに閉じ、優しい呼吸声帯一抹の暖かい心の奥に直行の温度、株清純の匂いが漂って、本当にかわいいもの、私は幻想無数夜の姿が、元のこんな可愛い極まりない。
PR

コメント

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

P R